ここから本文です。

ニュースリリース

2018年8月16日

デジタル・エコノミー時代を見据えた
新サービス “FISCO EyER” ローンチのお知らせ

株式会社フィスコIR(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐藤元紀、「以下、フィスコIR」http://www.fisco-ir.co.jp)は、デジタル・エコノミー時代に対応したまったく新しいIR専門プラットフォーム “FISCO EyER”(通称|フィスコ・アイル)を開設します。

IT技術の急速な進歩を背景に、デジタル・エコノミーの時代を迎えつつあります。生産、調達、セールス、マーケティング、人材活用など、企業活動のあらゆる局面で、かつてない変革が大きな波動となって押し寄せてきています。それは、経済活動の効率化やコスト低減だけでなく、これまで存在したさまざまな取引障壁を除去し、業種・業界、企業・個人、国内・海外の壁を越えて、新たな価値の創造と提供の機会をどこまでも広げていく、まったく新しい時代の到来と言えます。とりわけ金融の世界では、専門家がITを駆使する時代から、ネット取引の一般への普及を経て、さまざまな参加者がよりダイレクトに資本市場にコンタクトできる環境が質・量ともに急速に拡大しています。

このような新たな時代、すなわちデジタル・エコノミー3.0時代において、企業と投資家を結ぶ新しいデジタル空間に、当社はIR専門プラットフォーム “FISCO EyER” を開設するに至りました。

https://www.fisco-ir.co.jp/fisco-eyer/

FISCO EyERでは、発行体企業(IPOを目指している企業を含む)は、ライブ配信、動画メッセージ、双方向コミュニケーションなどのデジタル・ツールを駆使して、リアルかつアクティブに、豊かな体験を世界中の投資家に提供します。個人を含む投資家は、生の企業のメッセージを受け取ると同時に、コミュニケーションを通じた有益なIR情報の「シェア」にて、より適切な投資機会を求めることができるようになります。
ステークホルダーが世界各地に広がったとしても、私たちのソリューションがあれば、ユーザー同士がネットワーク上にて簡単に、かつ安全に結びつくことができます。

発行体にとって、私たちのソリューションを使いこなすことには重要な意味があります。具体的には、決算説明会や株主総会のリアル配信やコミュニケーション、新製品・サービスの戦略的PR、グローバル活動の戦略的PR、ESGに関するイベント配信やステークホルダーコミュニケーション、投資家からの投資受け入れに関するコミュニケーションなど、発行体のコミュニケーション志向に応じて、さまざまな形の投資家対話の場を簡単に、かつスピーディに設営できるようになるのです。

また当社グループの提供する豊富な企業情報やIRドキュメントもこのプラットフォームに配信・掲載し、より円滑かつ深い発行体企業と投資家のコミュニケーションを促進致します。

サービスローンチの第1弾として、発行体企業の皆様にIDを無料配布します。これまでにないIRの方法や試みを行っていく場の構築・提供を目指し、弊社もIR専門企業として培ったノウハウを提供し、デジタル・エコノミー時代に対応したIRの在り方を一緒に構築して参ります。

IRコミュニケーションのイノベーションと、新たな投資機会を生み出す場として、FISCO EyERの今後にご期待下さい。

本件に関し、ご質問等がございましたら、下記までご連絡下さい。

本件に関する問い合わせ先

株式会社フィスコIR
経営企画室:川名
TEL:03-5774-2355 E-mail:info@fisco-ir.co.jp

【株式会社フィスコIRの概要】 
会社名 :株式会社フィスコIR http://www.fisco-ir.co.jp/
所在地 :東京都港区南青山五丁目4番30号 
設立日 :1968年08月09日 
資本金 :89,502,215円(2015年5月11日現在) 
代表者 :代表取締役社長 佐藤 元紀 
事業内容:IR実務支援サービスの提供