ここから本文です。

ニュースリリース

2018年12月21日

フィスコIRが提供するFISCO EyERに
アイスタディのラーニングマネジメントシステムを導入
動画を通じた学習機能で、個人投資家の教育プラットフォームを実現

株式会社フィスコIR(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐藤元紀、「以下、フィスコIR」http://www.fisco-ir.co.jp)は、当社が提供するデジタル・エコノミー時代のまったく新しいIR専門プラットフォーム “FISCO EyER”(通称|フィスコ・アイル)に、アイスタディ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:小山田佳裕、「以下、アイスタディ」)のラーニングマネジメント“iStudy LMS“を採用します。

iStudy LMSは大手都市銀行・生保企業や日本を代表するIT関連企業などで多く利用されている学習管理システムです。大規模ユーザーに対応し、一般的な組織管理に加えて複雑な組織横断管理が可能で、アイスタディが持つ学習コンテンツを利用できます。また、企業独自のコンテンツも簡単に作成することができ、柔軟な社内教育や研修環境の実現に貢献します。アイスタディは長年にわたりeラーニングシステムをはじめとした多くの教育研修システムの導入実績があり、昨今では銀行・証券業界を中心に、アプリケーションの開発・導入ノウハウも蓄積してきました。

企業と投資家を結ぶIR専用プラットフォームのFISCO EyERは、ダイナミックなビデオを全世界の視聴者に配信する総合Webキャストソリューションを提供しています。ライブ、シミュライブ(オンデマンドとライブの組み合わせ)、オンデマンドのオプションで、企業側が発信するIRに関連するコンテンツをいつ、どのように配信するかコントロールできます。今回、LMS機能を追加することで、個人投資家が市場や投資に関する知識を学ぶことが可能になります。これによって、“FISCO EyER“は、投資に関する情報収集と投資に関する学びのプラットフォームとなり、今後、より知識が豊富な個人投資家の集まるプラットフォームとして進化していくことになります。また、発行体企業にとっては、より知識豊富な個人投資家が集まる“FISCO EyER“を活用することで、そのオピニオンリーダーによる情報拡散効果や発行体企業へのフィードバックなど、今までにないIRプラットフォームとして活用していくことが期待できます。

また、今後は株式市場に限らず、仮想通貨をはじめとする新規投資市場や投資に関するスキル向上のための学習コンテンツをフィスコIRとアイスタディが共同で開発し、プラットフォーム上の新機能として個人投資家に学びの機会を提供していきます。

IRコミュニケーションのイノベーションと、新たな投資機会を生み出す場として、FISCO EyERの今後にご期待下さい。

●FISCO EyERについて
https://www.fisco-ir.co.jp/fisco-eyer/

●iStudy LMSについて
https://www.istudy.co.jp/products/lms

本件に関し、ご質問等がございましたら、下記までご連絡下さい。

本件に関する問い合わせ先

株式会社フィスコIR
経営企画室:川名
TEL:03-5774-2355 E-mail:info@fisco-ir.co.jp

【株式会社フィスコIRの概要】 
会社名 :株式会社フィスコIR http://www.fisco-ir.co.jp/
所在地 :東京都港区南青山五丁目4番30号 
設立日 :1968年08月09日 
資本金 :89,502,215円(2015年5月11日現在) 
代表者 :代表取締役社長 佐藤 元紀 
事業内容:IR実務支援サービスの提供