ここから本文です。

フィスコ統合報告書レポート

Vol.25

「住友化学グループ税務方針」を制定

住友化学は11月2日、「住友化学グループ税務方針」を制定したと発表しました。同方針は、同社グループのコーポレートガバナンス強化の一環として、これまでの税務に関する取り組み方針を明文化したもので、住友化学グループは、コンプライアンスを企業経営の根幹と位置づけ、引き続き、事業活動を行っている各国・地域では、諸法令はもとより、企業倫理の順守を徹底していく、としています。

2012年に経済協力開発機構(OECD)で発足した「BEPS(税源浸食と利益移転)プロジェクト」を契機として、租税回避行為の防止に向けた国際課税ルールの見直しが各国・地域で進められています。このような世界的な税務コンプライアンス強化の動きのほか、企業によるグローバル展開の拡大などに伴い、企業グループが抱える潜在的な税務リスクの規模や複雑性が増大し、住友化学グループは、現在、世界の約30カ国で事業展開をしてるため、納税を企業が果たすべき最も基本的かつ重要な社会的責任の1つと捉え、税務コンプライアンスと税の透明性確保に向けた取り組みを全グループ会社がより高いレベルで実行するため、方針を制定しています。

以上、参考になれば幸いです。

お気軽にお問い合わせください

03-5774-2355